top of page
アンカー 1

Welcome To SAVIORS

​私たち茨城セイバーズは、
2012年のチーム設立から12年目を迎えます。

私たちの活動に大きな転機となったのが2011年の東日本大震災でした。

発生当日、
私は地元である福島県のいわき市にて被災しました。
家族や仲間などの無事すら確認できずライフラインを断たれた先の見えない不安に押しつぶされそうになりながらなんとか生活していたことを今でもハッキリと記憶しています。

福島第一原発の放射能漏洩により地元いわき市からも避難者が続出し街の中から人が消えた光景を忘れることはありません。


茨城県水戸市へ訪れたのはそれから3週間後、新年度へ差し掛かった頃になります。

茨城県はほとんど放送されておりませんが、
鉾田市や常陸大宮市など8市で震度6強、すべての市町村で震度5弱以上を観測するなど甚大な被害があったことはほとんど報道されませんでした。

後の報道機関の記事で茨城県は“忘れられた被災地”と言われておりますが、
そんな状況にもかかわらず水戸で出会った方々は私に対して口々に温かく迎え労わってくださいました。


このことから近い将来この水戸に住まいを移したいと感じるようになりました。
(2014年、水戸へ移住)


震災から1年後の2012年3月11日を起算日に“草チームからXリーグを目指す”という想いの下に“水戸セイバーズ”を結成しました。​


掛け替えのない仲間たちと出会い、
"NCFL"【北関東フットボールリーグ】(2015年まで所属)、
"UFL"【アーバンフットボールリーグ;通称 江戸川リーグ】(2016年~2017年に所属)、
そして2018年に満を持してNFAの門を叩き、
"X‐league"へと続くX3へチャレンジさせて頂くこととなりました。

2019年、X2昇格を自力で残留を果たした私たちですが、
昨年以上の成績を残すべく飛躍を期した2020年、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延に伴い、
茨城県のガイドラインに順じこの年の公式戦を辞退することとなりました。

今一度の船出となった2021年にもCOVID-19の影響から公式戦を辞退せざるを得ず、
首都圏へ乗り込んでの公式戦を行ったところでお客様も試合会場へ来ることが出来ない状況から地元で公式戦を行うことを考え始めました。

無観客ながら初めてホームゲームを行った2021年、
​そして





20代の選手が大半を占める若いチームではございますが、
共に悩み、共に苦しみ、共に喜びを分かち合える素晴らしい選手たちが
茨城セイバーズにはたくさんおります。

北関東唯一のチームとしてXリーグを戦う茨城セイバーズへのご声援とご支援を
何卒よろしくお願い申し上げます。

茨城セイバーズ 
代表   近藤 秀則
S__13672452.jpg
茨城セイバーズ
​ 代表 近藤 秀則
bottom of page